本文へスキップ

PositionAnalyzerSS

PositionAnalyzerSS または PositionAnalyzer for RT を使用するには JRA-VAN から提供されている JV-Link というデータリンクソフトが必要です。詳しくは上部のリンクより JRA-VAN のホームページをご覧下さい。

Windows10 での動作確認ができております。
今後ともよろしくお願いいたします。


PositionAnalyzerSS

内容
PositionAnalyzerSS 本体
使ってみる.pdf
PASS.chm(ヘルプファイル)
readme.txt

PositionAnalyzerSS  ver1.20
Pass120.exe を適当なフォルダにダウンロード(保存)した後、実行してください。インストーラーが起動します。


JRA-VAN 蓄積データを利用し、過去の約12年間の展開データに基づく予想支援を行なうツールです。

Ver1.20では 予想係数を設定することで各ファクターに強弱をつけて序列を求める「簡易予想機能」を搭載しております。予想係数はインポート・エクスポートでき、管理がしやすいようになっています。

また、クラス分けの呼称変更に対応いたしました。

PositionAnalyzer_for_RTお知らせ

内容

PART (本体)
part.chm(ヘルプファイル)
readme.txt


PositionAnalyzer for RT ver1.24
PARTINST.exe を適当なフォルダにダウンロード(保存)した後、実行して下さい。インストーラーが起動します。


JRA-VAN リアルタイムデータを利用し、展開データの視覚化を行います。また展開データを実際の展開に即したかたちに修正するためのツールです。

展開データを GreenChannel のパトロールビデオを視聴し、修正を施したものが position.dat です。こちらで提供しています。

ナビゲーション


Data_DownLoad_etc.

 Position.dat   最終更新 2019/10/17   次回更新予定 2019/10/24深夜
    PositionAnalyzerSS の心臓部、展開データ本体です。
    Position.dat を PositionAnalyzer for RT のサブフォルダ、Data にダウンロードして下さい。修正済みの展開データが活用できます。
    通常、木曜日に最新版をアップロードしています。開催日程ややむをえない事情で変更になる場合は告知いたします。
    ※PositionAnalyzerSS ではプログラム本体を介してダウンロードできるようになっています。


 exParam.zip     最終更新 2017/ 7/ 8
    ver1.11 より導入した「馬券対象率」機能に必要な 成績パラメーター のご提供版です。
    exParam.zip を解凍すると、exParam.txt ができます。
    この exParam.txt を ドキュメント\マイドキュメント\PASS\Param にコピーしてください。
    PositionAnalyzerSS のメニューより オプション(O)→パラメーターのインポート(Q) をクリックするとインポートが完了します。

    exParam.txt には 2015-2016 の2年間の全出走馬の成績パラメーターを集約してあります。
    下のほうに UP してある、PASSbook.xlsm および Parameter.xlsm で2017年以降のパラメーターを追加したりすることも可能です。
    2014年以前のパラメーターを追加することも可能です。
    ※ヘルプファイルは添付しておりません。

 PASSbook.xlsm  最終更新 2016/ 5/21
    PositionAnalyzerSS から作成した CSVファイルを Excel に読み込むマクロです。
    編集を有効にする→コンテンツの有効化ののち、表示→マクロ からご利用ください。
    日毎で作成される CSVファイルを複数選択することで、1枚の Sheet にまとめることができます。
    (1開催日のみの取り込みも可能です)
    まとめたファイルを、傾向などの分析に利用してください。
    ※ヘルプファイルは添付しておりません。

 
Parameter.xlsm  最終更新 2017/ 7/23
    
PASSbook.xlsm で一定期間まとめた Sheet から成績パラメーターを作成するマクロです。
    
編集を有効にする→コンテンツの有効化ののち、表示→マクロ からご利用ください。
     PASSbook.xlsm の Sheet をすべてコピーの上、Parameter.xlsm のSheet に貼り付けます。
     マクロ SetParam で成績パラメーターインポート用ファイルを作成します。(ファイル名 exParam.txt)
    ※ヘルプファイルは添付しておりません。

 
Filter.xlsm     最終更新 2017/ 6/ 2
    PositionAnalyzerSS からエクスポートした フィルターファイルを Excel に読み込む
   または編集済みの Excel ファイルを PositionAnalyzerSS にインポート可能にするマクロです。

    編集を有効にする→コンテンツの有効化ののち、表示→マクロ からご利用ください。
     マクロ GETFILTER → ファイルの選択 でフィルターファイルを Excel に読み込みます。
     マクロ SETFILTER でインポート用ファイルを作成します。(ファイル名 exFilter.txt)
    ※ヘルプファイルは添付しておりません。

 Service.zip     最終更新 2019/ 6/18
    Service.zip を解凍すると、Service.txt ができます。
    2019/12/31 までのサービスキーです。
    サービスキーダイアログにてサービスキーを登録していただくと、オートモードでのデータ取得が可能になります。
    全角文字や小文字を入力するとエラーとなりますので気を付けてください。
    ※ヘルプファイルは添付しておりません。

 SampleRatio.zip    最終更新 2019/ 8/ 2
    簡易予想機能用のサンプルの提供です。参考になさってください。
   SampleRatio.zip を解凍すると、SampleRatio.txt ができます。

    SampleRatio.txt を マイドキュメント¥PASS¥Ratio フォルダにコピー(または移動)してください。
    PositionAnalyzerSS のメインメニュー→オプション(O)→予想係数のインポート(B) と進んでください。
    インポートの画面で、SampleRatio.txt を選んでいただくと登録できます。
    
※ご自身で登録を行っている場合上記の操作を行うとせっかく登録した予想係数が消えてしまいます。
     あらかじめ「予想係数のエクスポート」で保管を済ませておいてください。